追記有り【三鷹の森ジブリ美術館】大幅に減少している入館料収入を補うためふるさと納税で寄付募集!

東京都三鷹市が大幅に減少している「三鷹の森ジブリ美術館」の入館料収入を補うため、ふるさと納税で寄付を募ることを発表しました。
今後の大規模修繕も見据えた支援となり、6月下旬から「ふるさとチョイス」で1,000万円を目標に開始されます。

ふるさと納税を活用した三鷹の森ジブリ美術館の運営支援
三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)について、今後の大規模修繕を見据えて、新たに市内外からのふるさと納税を活用した運営支援交付金の仕組みを構築し、指定管理者による持続可能な運営を支援します。寄附をいただいた方には、三鷹の森ジブリ
美術館からのお礼のカードをお送りします。
・交付金の対象団体:公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団(指定管理者)
・寄附の目標額:10,000 千円

7/15記事追記

ふるさと納税の寄付が始まりました!
返礼品はないですが、三鷹の森ジブリ美術館からのお礼のカードが送られます。
↓↓↓

三鷹の森ジブリ美術館を応援してください!|ふるさと納税のガバメントクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」
 三鷹の森ジブリ美術館は、平成13(2001)年10月の開館以来、世界中の方に愛されるスタジオジブリの世界観を体験できる美術館として、多くの来館者に笑顔と感動を届ける運営を続けてきました。 しかし、新型コロナウイルス感染拡大による臨時休館や入館者数の制限等により収入が激減したため、現在、大幅な赤字経営を余儀なくされてい...

7/3記事追記

6月下旬予定だったふるさと納税の寄付は7月以降に延期になったようです。

6/13記事追加

来場者は19年度に58万人に上っていたが、20年度に入ってからは21年2月までの11か月間で6万6000人まで激減。6億5000万円を見込んでいた入場料収入も1億5000万円に減る見通しになっている。

ジブリ美術館が苦境、積立金取り崩して維持管理費に…三鷹市は寄付募る方針 : 社会 : ニュース
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、東京都三鷹市の「三鷹の森ジブリ美術館」が苦境に立たされている。長期の休館が続いて入場料収入が大幅に落ち込んだことから、大規模修繕用の積立金を取り崩して維持管理費に充てているという。設

ジブリまみれ撮影写真



三鷹市の発表はこちら

寄付:ふるさとチョイスはこちら(6月下旬から)

宮崎駿とジブリ美術館
岩波書店
¥27,500(2021/08/12 01:23時点)
今の所クラウドファウンディングはないようです。
タイトルとURLをコピーしました